PARADOX - NOTE
考察サイト「PARADOX」管理人、KEIYAによる雑記Blogです。
PARADOXトップページhttp://www.max.hi-ho.ne.jp/keiya/
PARADOXへのリンクはサイトのトップページにお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「うみねこのなく頃に」連載記事のお知らせ
コミック誌「電撃マ王」(メディアワークス)で連載記事を担当させていただくことになりました。うみねこの推理・考察記事です。12月27日に発売される2月号からスタート。よろしくよろしく
(・ω・)ノシ
「まぐまぐ!」の推理メルマガは内容がかぶらないように考え中です。


■episode2が見えてきた
制作日記を見たら物凄い修羅場っぽいんですけど
(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
楽天のショップでも予約を受け付けてますね。正月が過ぎてからの到着になりそう? ……店頭で買えない人向けかな?


■すっごい久々のレスです
(ノ∀;)ごめんよ……。
抜けはない、はずなんですが万が一抜けがあったらごめんなさい!

長文なので「続きを読む」に隠しておきます。クリックしてどうぞ。
> 「おおきく振りかぶって」が終わった。実にいいアニメだった。(中略)うみねこは1話の時点じゃ全体のルールはサッパリ見えませんね…。とりあえず、●ル●●●●●●の胸がやたら大きく見えるのは服の所為なのか、身長は微妙に伸びたのかなどどうでもいい事ばかり気になる。
「おお振り」はチャンネルを回したときに偶然見つけて、気がついたらエンディングロールまで観てました。面白かったから。うーん上手いなあ。その一回しか観なかったけど、人気が出るのも分かりました。
●ル●●●●●の胸がやたら話題に上るのはなぜだ! 某メガネ医師が見たらどう反応するか気になる(警察を呼べー

■以下、サイレントヒル2関連(ネタバレあり)
> 非常に素晴らしい考察でした!ここまで伏線が立てられているとは・・・・・これで全ての謎がスッキリします!再度、このソフトの作りこみの良さを確認できました!
作り込まれていますね。何でもない事象が伏線として作用している、このさりげなさ。気づくと連鎖的に衝撃が味わえます。さあもう一度トイレのシーンから再スタートを。

> サイレントヒル2の考察読みました。とてもおもしろかったです。特に三角頭の自害の理由なんて考えもしませんでしたがこの考察を見てとても納得しました。ここまでやりがいのあるゲームはそうないでしょうね。あとこのゲームやったあとにバイオハザードとかやっても全然怖くないのがすげえw
バイオハザードは意図的にB級ホラー映画のテイスト(いい意味で)を狙ったであろう作風なので、慣れてしまうと怖くないんですよね。ドキドキハラハラするけど。ハンターのクリティカルヒットとかトラウマすぎる(笑)。

> サイレントヒル2がこんなに奥深いとは思いませんでした!
深いよd(・∀・)ネッ

> サイレントヒル2をプレーしてみたもののホラー演出が怖くて最後までできませんでした。どうしても結末が知りたくてサイトをめぐっていましたら、あなたの書かれたサイトに当たりました。
うわああ、もったいない(笑)。でも怖くてプレイできないんじゃ仕方ないですもん
(´・ω・)(・ω・`)ネー

> ここまで考えが及ぶとは本当に驚きます。
in waterで終えた直後「……んん??」と首を傾げたので(泣きながら)、腰を据えて考えてみたんです。
(・ω・)b グッ

> プレイ後、ある程度自分自身で考察はしていたのですが、こちらのサイト様の文を読ませていただいてますます理解が深まった気がします。どうやったらあんな風に文がまとめられるのか…。すばらしいです。今度、最期の詩のマリア編の考察もしていただければ…。
力を入れて考察した分、文章は何度か練り直しています。マリア編の要望は結構あるんですが……時間が……そしてPS2が……ないッ……!

> すばらしい考察力です。感動しました。
ありがとーう!

> 動画をチラッと観たときに「製作スタッフが悪乗りしてとんでもなくグロテスクなヤバイゲームを作ってしまったのでは・・・」という感想だったのですが、貴氏の深い考察コメントを読ませていただき感想が180度変わりました。ただのホラーゲームとは言えない製作者の徹底した造りに正直驚かされました。シリーズ2の評価が高いので気になって(ネタバレ覚悟で)色々と検索していたのですが、こちらのサイトに出会えてよかったです。どうもありがとうございました。今度実際にプレイしてみようと思います。(でもやっぱり子供達にはあまりやって欲しくないゲームかな・・・)
ホラー映画はいわゆるドッキリやスプラッタ要素が目立ちやすいですが、実は精神的な世界を描くのに適した土台だと思うんですよ。人間の心を真正面から扱ったジャンルですからね。恐怖を入り口にして精神世界を描いていくというのがSH2の面白さだと思います。
子供がプレイするにはイマイチ向いていない作品ですね。「ホラーゲームが実生活に悪影響を及ぼす云々」という話ではなく、大部分の子供はシナリオのテーマを深く理解することが難しいためです。大切な人との死別など、人生経験をある程度積んだ大人にこそプレイしてもらいたいですね。

> サイレントヒル2の考察を見ました。悲しくて温かくて・・・思わず涙腺が緩んでしまいました。
悲しみと愛情が同居する物語でした。これはお互いに引き立て合う感情だと思います。悲しいから愛情が際立つ。愛情があるから悲しい。in waterだった日にはもう泣くしかないよ……。
(´;ω;)ブワッ

> サイレントヒルの考察、とてもおもしろかったです!もう一度やり直してみようと思います(*^_^*)これからも頑張ってください!
再プレイはぜひぜひ。1回目とは全然違う物語に見えてくるはずです。あれもこれも「そういうことだったのか!」と納得できますよー。

> ローラはメアリーと同じ病院に入院していました。メアリーの症状が末期症状であったことから、ローラがかかった病気もとても重いものだと推測されます。そしてローラはメアリーがジェイムス宅に帰宅する一週間前まで病院にいたことが作中からうかがわれます。ここからは私の見解なのですが、ローラはメアリーの帰宅後に死に、生と死の狭間であるサイレントヒルにたどり着いたのではないでしょうか。サイレントヒルが虚無と現実の混じり合った空間だとはいえ、あの町を走り回る彼女に最近まで入院していた事実はあまりにもそぐいません。Leave Endは二人が生者としてサイレントヒルから帰還するのではなく、死者として『メアリーと同じ所』=天国へと昇っていくストーリーなのではないか。あの町で起こったことはジェイムズの罪を煉獄で清め、昇天させる事だったとも考えられるのではないか。ローラという少女をクローズアップしてみるとまた違う側面が出てくるのが深くてとてもおもしろいです。どうかご賢察をお聞かせ下さいませ
浄化とは面白い解釈ですね。以下に私の意見を述べたいと思います。
サイレントヒルにおいて、死者はジェイムスの心の闇を反映した姿で、怪物ないし死体となって現れてきます。マリアが唯一、生者のような存在として登場しましたが、これはジェイムスの心が作り上げたメアリーの一面であり、例外的なものです。
そのメアリーは「あなた(ローラ)はジェイムスを嫌っていて会おうとしなかった」と手紙に書いています。つまりジェイムスとローラの関係は希薄だったことになります。メアリーのことで精一杯だったジェイムスが、ローラを人間の姿でサイレントヒルに登場させる心的な理由がないんです。事実、アパートで出会ってもジェイムスは彼女を「謎の子供」としか認識していませんでした。よって私の考察においてローラは死者ではなく、あくまでも生者として街にやって来たのだと結論しています。
病院の件ですが、重患と軽患が同じ病棟になることは意外に多いです。ただしメアリーの顔は次第に醜くなり、精神も病んでいったということなので、ある期を境に病棟を移ったり、ローラとの距離を置いたりした可能性は高いですね。もしかしたら、最後の伝言を手紙で行ったのはそこに基づいているのかもしれません。


テーマ:うみねこのなく頃に - ジャンル:ゲーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。