PARADOX - NOTE
考察サイト「PARADOX」管理人、KEIYAによる雑記Blogです。
PARADOXトップページhttp://www.max.hi-ho.ne.jp/keiya/
PARADOXへのリンクはサイトのトップページにお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


噂の「安楽椅子探偵」を初めて見ました。サブタイトルは「忘却の岬」。
出題編と解答編に分かれており、視聴者が謎に挑むという推理ドラマです。

最もエレガントな推理をした視聴者には賞金50万円。
が、見終わったのが回答締め切りの10分前じゃどうにもならない('A`)

これ難しいですよね?
地域の過去を守ろうとする人たちと暴こうとする人の対立? とか、車椅子の正太郎は歩けるんじゃないか? とか色々考えながら見てたんだけど……。視覚的な情報もポイントになりそうだったなあ。高画質で録画して、じっくり確認しながら推理したい作品でした。

もうすぐ解答編が放送されます。次の機会にはじっくり推理してみたい。
……え、インターバルは年単位?(´・ω・)

■web拍手レス
> 対談を読ませていただきました。とても面白かったです。「うみねこ」は最初から水平思考推理ゲームの一種として作られているのかなあ、と読んでいて思いました。ポール・スローンの「ウミガメのスープ」みたいな、出題者に解答者が質問し、その答えをヒントにして真相に迫っていくゲーム。「うみねこ」はそんなゲームなのではないかと。だから竜騎士先生は「不正解を恐れずにどんどん考察してください」といったことをおっしゃったのかなあと思います。推理ゲームの特色として「問題から読み取れるルールは一つだが、それから導くことができる正解は一つとは限らない」というものがありますから。KEIYA様がどんなルールを推理するのかとても楽しみにしています。
うみねこは「入口と出口があるブラックボックス」が置かれていて、その中身をどう推理するかが一つのポイント。「Yes/No」で切り分けされた謎もあるし、言われてみれば近いですね。楽しい辻褄合わせをやっていきたいです。読者が謎に迫るほど新規シナリオの難易度は上がっていくはずだけど、推理の要点は不変だと考えています。
最終的なルールの推理……ベアトの心臓はどこにあるんだよう(泣きじゃくる


テーマ:安楽椅子探偵 - ジャンル:テレビ・ラジオ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。