PARADOX - NOTE
考察サイト「PARADOX」管理人、KEIYAによる雑記Blogです。
PARADOXトップページhttp://www.max.hi-ho.ne.jp/keiya/
PARADOXへのリンクはサイトのトップページにお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お前が犯人かい!
いやーすっかり騙されたぜ。映像から得られる情報ってやっぱり多かったですね。古いビデオデッキで3倍録画はあまりお勧めできない。
携帯の着信音が強調されているのは伏線だと思っていたものの、ああいう使われ方をするとは予想外でした。しかし犯人が電源を切る心理はよく分かるんだけど、着信音の大小にはあんまり関係ないんじゃないかな? 「大きな着信音を聞いていた人」という絞り込みには少し違和感がありました。(もちろん、携帯に気を回すきっかけとしては納得できます)

とはいえ、その辺は些細なことです。面白かった。こんなコメディタッチで描かれるとは思わず、舞台劇のような雰囲気にニヤニヤ。夜空の月とか、隠れていた正太郎に矢印が出たときは「えええええ!」と笑うしかなかった。細かいよ(笑)!

それにしても、ミスリーディングの罠がよく分かって楽しいですね。「この情報に食いついたら、行き着く先は推理ミスですよ」っていうのがゴロゴロしてる。解決編でこれを丁寧に潰してくれるから、テレビの前で「しまった!」と頭を抱える探偵諸氏はさぞ多かったでしょう(笑)。
綾辻行人、有栖川有栖の両氏が用意した、エレガントな罠。これは勉強になりますよ。

ドラマ面では、「思い出せ」というメッセージや、忘却の座の見立て殺人が動機に絡んでいたのが面白かった。卓也と真紀の恋愛感情を、もう少し共感できるように描いてくれればさらによかった。
この番組はもっと流行るべき。……だけどゴールデンでは放送してほしくない。気に入った深夜番組って絶対こう思うよね(笑)。

そうそう。純粋な理論を戦わせる「絶対推理空間」なる舞台。うみねこEP2以降のメタ世界をこれに重ねる人がいると聞きました。なるほどなー。
……でも、ちょっと本質的に違わないかい? なんて思う今日この頃。いや、真実はどうなんだろう……難しいところだな……。



■web拍手レス
> ベルセルクの考察読ませて頂きました。なんと言うか、些細な事からよくこれだけ深く掘りだせるモノだなと思いました。私はガッツとガンビーノの共通点、蝕での事なんかは読んで「そういやそうだな・・」と思いだしたり。これからは少し違う視点から読むことができそうです。
ガッツが「律」をどう変化させるかが要点になっていると思います。そのドラマに超期待。考察を書いてからもう8年になるのか……。最近は戦闘シーンが長くて、物語そのものはあまり前進してないんですよね。本当に完結するのか心配になるんですけど(笑)。早くグリフィスと絡んで欲しい!

> KEIYAさんは圭詩好きですか?
嫌いじゃなくってよ(お嬢言葉?


テーマ:安楽椅子探偵 - ジャンル:テレビ・ラジオ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。