PARADOX - NOTE
考察サイト「PARADOX」管理人、KEIYAによる雑記Blogです。
PARADOXトップページhttp://www.max.hi-ho.ne.jp/keiya/
PARADOXへのリンクはサイトのトップページにお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東方永夜抄にちなんだ雑談。
神奈川県大和市下鶴間の「ふるさと館」に一風変わった風景があります。
軒先に籠を掲げてるんですよ。
「あっ」と思った人はそのとおり、12月8日と2月8日の「事八日」(ことようか)にちなんだ行事です。
事八日には「災いをもたらす一つ目小僧がやってくる」という伝承があり、これを追い払うために目籠を掲げるんです。籠には多くの編み目があるため、一つ目に対して「目の数の優位性」を示して魔除けをするという思想があります。
籠はその編み目が縦横の九字、五芒星、六芒星になっているため、これもまた魔除けに通じます。ふるさと館に掲げられていたのは六芒星の籠目ですね。あ、写真はアップしてないけど、玄関の上に縦横の編み目を持った籠もかけられていました。

この辺は「異形抄~幻想説話」の〈「シンデレラケージ~kagome-kagome」~隠された姫君〉に色々書いたとおり。永夜抄Stage4からの流れは、竹や籠目と切り離しては考えられない物語になっています。輝夜・竹取物語との絡め方が見事でした。

今まで知らなかったんですが、周辺地域ではこの行事を「ヨーカゾー」と呼んでいたそうです。籠の他にもニンニクなどを置く風習があったらしく、こちらは食品が傷まないといった経験則から来た魔除けの思想なんでしょう。その昔、事八日は厳しい物忌みをする日だったとか。一つ目小僧の他に「ミカワリ婆さん」や厄神たちがやってくると伝えられています。
一度実際に見てみたい行事が、風神録にも登場した「流し雛」なんだけど……やってる地域がまわりにないんだよね
(´・ω・)
母方の実家がある福島県三春のあたりで灯籠流しは見たんだけども。
あ、人形流しの行事も8日を節目に行われることが多いそうですよ。

それにしてもこの一つ目小僧は和む(笑)。
事八日1事八日2事八日3


テーマ:東方プロジェクト - ジャンル:ゲーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。